<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

チョコレート

4月は4回コースの写真教室に通っていて、最後に提出した「食べ物」という宿題で撮ったのがこれだ。角度を変え、ライティングを変え、ちょっと溶け気味になってしまったチョコにべっとり触ってしまったりしながら百何十枚かシャッターを切って、ようやく得た1カット。
まあまあ、よく見ればいろいろあるけど、細かいことはいいじゃないですか!

ブツ撮りは楽しいな。

b0187133_20321853.jpg


ちなみに教室は「白ヒゲ写真教室」、先生は新藤修一さん。
僕は以前から数人の写真家やライターの方のホームページを定期的に巡回しているが、その中のお一人が新藤先生だった。なんだか惜しげもなくいろんな撮影ノウハウをウェブ上で紹介しておられて、すごい人だなあと思っていたのだが、その方が教室を始めるということをブログで知り、これは!とばかりに応募したのだった。

教室に通い始めてから慌ててレフ板を自作してみたり、撮影台にするボードを買いに走ったり、バタバタの四月だったが楽しかった。何しろライティングの勉強などしたことが無かったので。

散歩写真の気楽さは無いけれど、これはやりだすとなかなか止まらない。
おかげで4月はだいたい眠かった(笑)
[PR]
by t-nakanobu | 2011-04-26 20:46 | ブツ撮り

綿毛

b0187133_1638567.jpg


今日は少し散歩して、近所で花など少し撮った。しゃがんでいると腰に負担がかかっているのが分かって少し怖い。
ローアングルのためにはライブビュー、バリアングル液晶が必須の装備になりつつある(これはE-5で撮影)。それでも怖いんだけど。

花撮りばかりやってるわけではないけれど、結局こういうものはこの数年、毎年撮っているような。ウデを上げた気はあまりしない| ̄ω ̄、|


バックはいつも葉っぱが赤い低木。名前は知りません。
[PR]
by t-nakanobu | 2011-04-24 16:49 |

コーン

b0187133_21353086.jpg


通勤途中に。
古くて壊れそうなものにまた目が行きはじめたのかな。
なかなかいいコーン、いい場所だと思いました。

散歩写真をまたやりたいなあ。
[PR]
by t-nakanobu | 2011-04-21 21:49 |

b0187133_21465213.jpg


東京では桜が散り始めた。
でも春の野草の花はまだまだ見られる。
うちの近所ではタンポポ、オオイヌノフグリ、カラスノエンドウ、ナズナ、ハコベ、ムラサキハナナ、ハナニラ、それにこのスミレなど。まだスイセンも残っている。ムスカリやネモフィラも咲いている。
春はいい季節だ。
これで杉や檜の花粉が飛ばなければなあ…。
[PR]
by t-nakanobu | 2011-04-11 21:55 |

乙女椿

b0187133_2146366.jpg


今日調べてこの名前を知りました。どういう謂われなんでしょう。乙女椿。
八重どころの騒ぎじゃないですね。
[PR]
by t-nakanobu | 2011-04-10 21:55 |

林檎

b0187133_20511414.jpg


被災地岩手の蔵元が「ウチの酒で花見をしてほしい」と言ったというニュースがあった。
写真家・ライターの那和秀峻さんも「死者は敬虔に弔うべきだが、生者を救うことがより重要だと思う」と書いておられる(HP内の日記より引用)。
まだ東京でも電車のダイヤがおかしかったりするけれど、僕自身はできるだけ元の生活に戻したいと思う。

これはオリンパスの一部カメラに搭載されている「アートフィルター」の中の「ドラマチックトーン」を使用、更にモノクロ化した後で少々調子を整えてみたもの。なんだかすごい画になった。
[PR]
by t-nakanobu | 2011-04-07 21:22

それから

祖母は石巻の家系で、だから会ったことはなくても僕の遠い親戚が宮城にいる。幸いにも無事だったようだが、それにしても日本は何という災害に見舞われてしまったのか。「・・・お見舞い申し上げます」的な定型句はどうにも白々しく響くように感じられるのでここにも書かない。ただ無言であちこちの募金箱に駆け寄るばかりだ。
僕は地震発生時、出張でインドにおり、「日本で地震、20mの津波だぞ」とインド人に教えられた。20mという数字を最初に出したのが日本のメディアなのかどうかは知らない。が、発声直後に僕はそんな途轍もない数字を耳にして「まさか」と思ったのだった。東京も揺れたらしい、というニュースに驚き自分の家族や大阪の両親に何度も電話した。案の定、繋がらないことの心細さ。19日に帰国するまで、ホテルでCNN、BCC、NHKworldを見、ネットでもニュースを沢山見た。生々しい津波と気仙沼の火災の映像には言葉もなかった。そして原発。僕はこれまで原発を必要悪、というのか、消極的に容認しているつもりできたのだが、100年後の日本に禍根を残すような発電に頼らなければならない現代が何かを間違えているように思えてならない。それは千年に一度とも言われる巨大災害を想定するとかしないの話ではない。行政も然り。原発のニュースを聞くにつけ暗澹たる思いに支配されてしまう。話題?の「プルト君」って何なんだあれはいったい。

どうか一人でも多く、行方の分からない人たちが家族のもとへ戻れますように。


僕は帰宅難民経験をすることもなく帰国、その後平常通り働いている。
昨日は写真教室の第1回を受講した。ブツ撮りのライティングのお話。いずれ報告したい。
[PR]
by t-nakanobu | 2011-04-03 22:58